東京で単身引越しの際、おすすめな業者の評判や料金などをまとめてみました!

西東京でおすすめの単身引越し業者3選

公開日:2019/11/15  最終更新日:2020/03/25


単身向けの引越し業者はいくつもあるため、その中からどれを選べばよいのかと迷うことがあるかもしれません。ここではランキングの上位にランクインしている業者を紹介するので、ぜひ参考にしてみることをおすすめします。

西東京市は、東京都26市内で23区に最も近い都内へのアクセスが非常に良好な街で、西武池袋線なら池袋駅まで約20分、渋谷駅までは約35分で行くことができます。西東京市の駅は「保谷」「ひばりヶ丘」など5ヶ所にありますが、どこも平均的に栄えています。

家賃は最寄り駅によって多少変わりますが、ワンルーム・1Kなら5~6万円台、2LDKで10~12万円台となっています。ちなみに「東伏見」は単身者向けの物件が多いようです。

大きな商業施設としては田無駅前の『田無アスタビル』や、ひばりヶ丘駅前の『パルコ』などが挙げられます。日用品の買い物はどの駅でも便利におこなえるため、住みやすい環境といえるでしょう。

東京ムービング

【詳細】

会社名:ベースグループ株式会社

住所:東京都東久留米市柳窪5-4-11

連絡先:0120-954-963

受付時間:8:00~20:00

東京ムービングでは利用者の立場にたったサービスが提供されています。ハイクオリティの作業で安心して任せられるのはもちろんのこと、良いサービスをリーズナブルに抑えるために無駄なコストの削減にも力が注がれています。

作業してもらえる時間帯には3つのタイプがあり、午前便は8時から10時で午後便は11時から14時、そして夕方便は15時から18時になっています。時間帯を選びたい場合には便指定プランがおすすめで、仕事や学校などでスケジュールが詰まっている人におすすめです。時間の融通がきく人のためにフリープランが用意されており、ディスカウントプライスで利用できるというメリットがあります。

作業コースも3タイプの中から選べるようになっています。基本コースにはダンボールや家具の搬出入に加えて家具の梱包や養生、家具の配置といった作業が含まれています。この他の作業である荷造りや荷解きは自分でしなければなりません。

安心準備コースでは基本コースの作業に加えて荷造りも任せることができるようになっています。仕事などが忙しく、自分で荷造りする時間がとれない人に向いています。

荷造りだけではなく荷解きや片付けの時間までとれないという人には、おまかせコースがおすすめです。引越しに関するすべての作業を任せることができます。

見積りには無料で申し込むことができるようになっており、ホームページに用意されている専用のフォームが利用できます。引越し希望日や現在の住まい、新居や立ち寄り先、荷物を入力するだけで送信できるので、手軽に利用できます。時間に関係なくいつでも送信することができ、1分という短時間で見積書が届けてもらえるためとても便利です。

問い合わせには無料で利用することができるフリーダイヤルが用意されています。電話が受け付けてもらえる時間帯は8時から20時で、土日の週末でも営業しています。依頼するときにはまず最初に電話や見積りフォームを利用して問い合わせると、電話やメールで折り返し確認の連絡が入ります。場合によっては見積りのために訪問してもらえることもあります。見積り金額に納得することができれば成約となります。

ケーエー引越センター

【詳細】

会社名:株式会社ケーエー企画

住所:東京都港区芝浦2-8-8 坂本ビル1F

連絡先:0120-915-846

受付時間:11:00~20:00

引越し料金を安く抑えたい人におすすめしたいのがケーエー引越センターです。爆安75プランは荷物が少なくて近距離の引越しをする人に最適で、なんと7,500円という低料金で対応してもらえます。このプランで運ぶことができる荷物の量はダンボール20箱になり、1名のスタッフが1階玄関から1階玄関へ運搬してくれます。ただし依頼主も作業を手伝うことが求められており、1箱あたりの重量は10キロ以内にしなければなりません。

このプランにはオプション料金も用意されています。5階までのエレベーター料金は500円で階段上げ料金は1,000円、ダンボール10個の料金は4、500円です。これらすべてのオプションを付けたとしてもトータルで13、500円になり、とてもリーズナブルであることがわかります。

超節約プランは10、500円からで、荷物が少なくて自分でできることは自分でしたいという人に向いています。引越し作業に慣れているスタッフ1名がついてくれて、同一区内または隣接する区へ引越しする場合は10、500円からです。20キロメートル以内への引越しであれば、11、500円からになります。

運ぶことができるダンボールは約50個で、容積は4.6立方メートルです。ただしこのプランを利用することができるのは平日限定で、低層階から低層階への引越しでなければなりません。また3月中旬などにあたる繁忙期にはこれらの料金が適用されないため、事前に見積りをとってもらう必要があります。

単身者引越し向けの標準プランは13、500円からという料金設定になっています。ケーエー引越センターでは1番人気があるプランで、大型家電などの荷造りは経験が豊富なスタッフに任せられるので安心です。2名または3名のスタッフがついてくれて、同一区内や隣の区に引越す場合には13、500円からになります。20キロメートル以内に引越すなら14、500円からで、2トンロング車を利用すれば24、500円からです。

運べる荷物の量はダンボール約90個で容積は8.4立方メートルに相当します。2トンロング車の場合にはダンボール約120個が運搬でき、その容積は10.5立方メートルになります。

アート引越センター

【詳細】

会社名:アートコーポレーション株式会社

住所:[本社]大阪府大阪市中央区城見1-2-27 クリスタルタワー16F

連絡先:0120-0123-33

アート引越センターでは単身向けや家族向けといったさまざまなニーズにぴったりの引越しプランが用意されています。単身向けのプランは4つのパックの中から選べるようになっており、忙しくて自分で荷造りや荷解きができないという人にはおまかせパックのフルコースがおすすめです。このコースなら後片付けまできちんとしてもらえます。

おまかせパックには基本コースとハーフコースもあり、基本コースは費用を抑えたいという人に向いています。荷造りや荷解きは自分でしなければなりませんが、良心的な料金設定になっています。ハーフコースでは荷解きは自分でしなければなりませんが、荷造りはまかせることができます。

学生のために学割パックがあり、就職や帰郷で引越す人に最適です。成約するとカーテンがプレゼントしてもらえるという特典もあります。女性が安心して引越しできるようにと、レディースパックも用意されています。このパックを利用すると女性スタッフだけに来てもらえるため、男性を自宅に上げたくないという人に向いています。

60歳以上の人にはシニアパックがおすすめです。暮しの整理士からアドバイスしてもらえて、効率良く整理や整頓をすることが可能になります。家族向けの引越しプランにはおまかせパックとシニアパックの2種類があります。

これらすべてのプランには基本コースとハーフコース、フルコースの3つのコースが用意されており、ニーズに合わせて自由に選べるのでたいへん便利です。どのプランが自分に合っているのかよくわからないという人のためにプランシミュレーションがあります。

引越しする人数や引越し先の間取りといった簡単な質問に答えていけば、最後に自分に合ったプランがわかるという便利なシミュレーションです。どのプランにしようか迷ったらぜひ利用してみてください。

見積りには無料で対応してもらえるので、気軽に利用することができます。魅力的なキャンペーンも実施されており、人気キャラクターが描かれているトラックで運んでもらえたり、かわいい収納ボックスが3枚プレゼントしてもらえる特典が用意されています。魅力的な特典やサービスだけではなく、これまでに50年もの実績がある業者で安心して任せられます。

 

おすすめする引越し業者では単身向けや家族向けのさまざまなプランが用意されているため、ニーズに合ったものが見つけられるはずです。また、魅力的なキャンペーンも実施されています。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【東京】単身者向け引越し業者ランキング!
東京エリアの単身者引越し業者