東京で単身引越しの際、おすすめな業者の評判や料金などをまとめてみました!

距離によって引越し費用はどのくらい変わる?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/24

引越しを考えるときにはどこの業者にお願いするのか複数あるために迷うこともありますし、また費用やサービス面でも気になるところがあります。いろいろなプランがありますが、東京に単身で引っ越す場合は距離などによってどのくらいの費用が必要なのか気になるところです。

ファミリーと一人暮らしの差がある

引越しは荷物が多いケースと少ないケースがあり、また持っていくものや暮らしのベースを考えると必要性があるものが変わってきます。特にファミリーで引越しをするときには自分のものはもちろん、パートナーの荷物や子供の荷物なども含めるとかなりの量になることは当たり前です。

また、大型のものを持ち込むことではテレビや冷蔵庫、洗濯機などがあり、暮らしをしていくにも必要不可欠なものですが、専門業者に頼むことがほとんどといえます。では反対にひとり暮らしなどの単身で引越しをするには、持ち物も少なくてすみますし、身軽な分いつでも引越しをすることができるので精神的な面では楽です。

しかし、ひとり暮らしでは周りに人がいないので不安になることも多く、特に新しい土地にいくケースではストレスが高くなり生活レベルが下がってしまうことも少なくありません。単身で引越しをする方法には複数ありますので、例えば業者に任せる他にもレンタカーを使って自分で運ぶこともできますし、宅配業者を使って荷物を送るという方法をすることも可能です。

なお、一通りの荷物があるのであれば引越し業者にお願いすることが一番いいので、専門に運ぶことができるのはかなりの強みといえます。業者でも単身パックなどは格安で荷物を運ぶことができるプランで、トラックに複数の顧客の荷物と一緒に運ぶことでコストパフォーマンスを高めることができるプランです。

また、対照的にあるのが単身プランになり、自分専用のトラックを用意して荷物を運んでくれるのでコストはかかりますが運ぶ荷物量が増える場合には申し込みたいプランとなります。さまざまなプランがあるので選ぶにも「荷物量」なのか「作業員の数」もありますし「移動距離」もコストには含まれています。

50キロの関東圏などの移動は安い

引越しにおいて移動の長さというのはコストにかなり関わってくるといえますが、引越し単身東京プランなどでは場所によってどれくらいかかるのか知りたいところです。近いところではおおよそ50キロ圏内といわれていますので、業者では1日に2件から3件の引越し作業ができるので費用も安くすむといえます。

また、近い場所であったとしても、運ぶ荷物が多いとか作業員が複数必要になるのであれば、やはりそのぶん費用が高くなっていきます。目安とすれば4時間以内で終わる作業が安くなるプランだということがいえるので、その辺も考えて荷物を整理しておくとスムーズに終わることができます。

この4時間という時間を考えると、車での移動に1時間から2時間以内という距離が目安となることも頭に入れておけば確認できる費用です。中距離の引越しではどのくらいの場所が計算されるのかというと、50キロから300キロ圏内のところが中距離ということがいえます。短いところでは関東圏内ですがそこから遠くになると東京から愛知県や東北地方になり、移動にも高速道路を使っていくことになりますので費用がそのぶんかかります。

移動時間で5時間は超えますし作業員の拘束時間も長くなることで、仕事量がグンと増えていくことになりますが、メリットとしては作業員もこの1件に集中して仕事ができるので安心できます。荷物を運ぶ作業よりも移動時間のほうが長いことがおおいので、運転の交代を含めた人員を用意しておくことができるのも、300キロ以上の引越しメリットです。

これらは遠くにある場所によって費用の違いがあることを示していますが、もちろんトラックの大きさによっても差がでやすいので大型なのか中型なのかによって作業効率も変わってきます。おおよそ見積もり段階で荷物量を計算に入れてトラックを準備していますが、作業人数が少ないと安くなる傾向も少なくありません。

関西やそれ以上の場所からの移動

では長距離ではどのようになっているのかというと、基本的には1日では引越しが完了しない場所ということになります。大阪から東京とか広島から東京などのように陸路でも遠い場所であり、移動だけで1日を費やす場所は費用がかかるという認識です。

引越し単身東京プランで考えると50キロ圏内の場合では荷物の量が少ないことがわかりますので、1万円くらいが相場になっています。荷物の少なさや場所の近さなどが考慮されると妥当な安い値段で引っ越すことができるので、そんなに考えるほど高額になることはありません。

1日を要する300キロ圏内の場合はどのくらいになるのかというと、金額も倍以上になり2万5千円から3万円が相場になっていることがあります。ファミリーなどの量になると5万円は軽く超えてきますので、単身ということを考えるとまだ気軽に引越しができる金額です。

では長距離になると費用の相場がどのようになるのかというと、3万円から4万円くらいはかかることを理解しておくことで計算ができます。引越しのときには場所によって費用に違いが大きくあるのではなく、やはり荷物の量やトラックの大きさ人材などが左右するといっても過言ではありません。

2トントラックを利用するにはプラス3万円は移動する場所と関係なくかかることもありますので、やはりファミリーと単身の違いの荷物の量はコストを減らすコツといえます。引越しは業者に任せることが基本になりますが、自分でできることはやっておくことで費用を抑えることができますし、安心することもできます。

また、サービスによっても違いがあり女性スタッフで作業をするところもありますので、こちらは女性の単身引越しに向いているサービスです。男性スタッフがいることで毛嫌いする人もいますし、女性だけのスタッフで安心感を与えることは時代背景からも人気があるのがわかります。

なるべく費用をかけたくないのは誰しも考えることですが、荷物を雑に扱ったりしないようにトラブルを起こさないというのは基本の条件です。こういったことでは専門の業者という位置であるのは強みであり、スタッフのプロ意識が高くなることで信頼される引っ越しサービスを受けることもできます。

単身で東京に移動してくる人には不安になっている人もいれば、人ごみの中で移動が難しいこともありますし、なんといっても車の量が違います。そういった意味ではレンタカーなどを借りるよりも、業者に任せることのほうがスムーズに引越しが終わりますので何をするにも心強いです。

 

ファミリーで引越しをするよりもひとり暮らしの方が楽にできるのは荷物の量だけではなく、用意する人員や移動距離などが関係しています。特に気をつけて知りたいのは、相場では遠い場所と近い場所によってどのくらいの違いがでるのかということです。

関東圏での移動の場合は50キロくらいの範囲なので1万円ですむことがありますし、300キロ以内では2万5千円くらいが目安となり、それ以上の1日では終わらない作業では3万円以上は相場といえます。

引越し業者のサービスによって変わってきますが、安くすることよりもよりサービス重視のところを選ぶことでトラブルが少ないです。女性だけのスタッフで引越しをお願いしたい人も増えているのも、女性の繊細さで荷物を扱ってほしいという部分や、考え方が増えているのもあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
【東京】単身者向け引越し業者ランキング!
東京エリアの単身者引越し業者
【東京】単身引越しにおすすめの引越し業者の口コミや評判